美容外科のヒアルロン酸注入の施術部位と施術内容

ヒアルロン酸を注入する施術とは

顔の加齢現象に関しては脂肪組織の落ち込み加えて下垂などによって加齢のイメージを与えます。美容外科のヒアルロン酸注入と言いますのは、低減した脂肪のボリュームをフォローすることでフレッシュな状態の顔面に近い仕上がりにする施術といえます。主として注入されることになる施術部位としましては眼下のくぼみや法令線などです。個々の施術部位にフィットした硬さのヒアルロン酸を用いて、ナチュラルな仕上がりを目指します。痛みが少なくて済む麻酔薬が入ったヒアルロン酸を利用し、更に表面麻酔のテープを活用することによってスムーズに注入を受けることができるよう配慮します。その他鈍針と言われている特徴的な針を利用することによって通常よりも内出血のリスクを軽減した施術を行います。

ヒアルロン酸を注入するメリットとデメリット

美容外科のヒアルロン酸注入のメリットとしましては、施術によって注入した直後より組織のボリュームアップの改善が見込まれること、それから、注入するボリュームを、当人と照らし合わせながらケアすることができるので一層細やかなオーダーができることなどがあげられます。ヒアルロン酸を注入するデメリットとしまして、ヒアルロン酸に関してはそのメカニズムによりおおよそ6か月くらいで吸収されて感じられなくなることです。

ヒアルロン酸を注入する施術の流れ

まず第一に化粧を落として、憂いを感じる施術部位を診察します。座位の状況で肌の厚みそれから、くぼみのレベル、ほかにも周囲組織に対しての関係性を十分に判断します。気掛かりな箇所、注入する所にマーキングを行なって注入の目安を図ります。それから寝て、肌表面に1か所鈍針を通す為の針穴を1カ所皮刺すことになります。その部分から鈍針を刺入しまして、ターゲットにする注入部位に至るまで皮下脂肪の層を鈍針をすすめつつ注入していくことになります。注入した後は当人と座位の状況でチェックします。それから状況に応じてこうした施術を重ねて完遂できるまで注入することになります。注入の直後に関しては針穴が眼下でありますと片側2か所から3か所、法令線では1か所だけあるだけですのでその日から化粧も実行することは可能になります。そして、有益性が非常に高く手を煩わせることなく可能なヒアルロン酸の美容外科ですが、反面考えた通りに仕上がらないことや体に影響することがあります。ヒアルロン酸の注射に関しましては、ステップごとにゆっくり注入すること、過度に深い所に注入しないことなどが、完成を左右します。